玄の美。

「玄冬」。陰陽五行説によると冬の色は玄、すなわち黒。

その色が表わすとおり暗く厳しい冬は、一方で、また新たな四季の巡りの準備をする時期でもあります。

美しさや生命力といったエナジーをゆっくりと蓄えながら、いつの日か開花するその時を待ち続ける。

そんなイメージを思い描きながら、今回の「ISETAN MITSUKOSHI JAPAN SENSES」は玄の季節に映える美をカタチにします。

ページの先頭へ戻る