秋の実りを映した、
心にも体にも優しい和菓子

「ひとりだとなかなか気づかうことができないことも、家族がいるからこそ、大事にする想いや健康などを気づかうようになりました。」と妻として、そして母としての顔ものぞかせてくれた〈吉村和菓子店〉の吉村由依子さん。今回作っていただいた「焼き鳳瑞(実り)」の誕生秘話について教えていただきました。

 〈吉村和菓子店〉は、京都で210余年続く〈亀屋良長〉八代目当主の奥さま 吉村由依子さんが立ちあげた、健康を気づかう方にも召しあがっていただけるよう体に優しい素材を使った菓子を揃える和菓子店です。老舗ならではの伝統技法に、吉村由依子さんの想いが込められています。

「今回は、新作の「焼き鳳瑞(実り)」を作るにあたり、色の出し方を工夫しました。通常は、天然素材にこだわっているため、天然ものはいつも落ち着いた色合いになってしまいます。ですが、今回は赤やピンクなどを使って「秋の実り」を表現したいと思い、ビーツパウダーやトマトパウダー、ピスタチオパウダーなどを使用し鮮やかな色合いを表現することに挑戦しました。「焼き鳳瑞」は、優しい甘さのココナッツシュガーで泡立てたふわふわの卵白に、さまざまな食材をのせて乾燥焼きしたものです。生地部分の卵白に色をつけるには、素材と卵白の相性があり試行錯誤の連続でした。今回、特に力を入れたのはカカオ味。カカオの香りがふわりと漂うカカオニブにピスタチオを組み合わせた大人味と、カカオの酸味とゆずの爽やかさが奏でるカカオニブにゆずの皮を添えた2種類を作りました。その他には、フリーズドライのりんごにくるみ、シナモンパウダーをまぶしたアップルパイのような組み合わせや、フリーズドライした黄色のチェリートマトにドライバジルと胡椒をかけたお味もあります。また、ピンク色の焼き鳳瑞は、ビーツパウダーを混ぜた生地にフリーズドライのローズマリーを添えました」

 お味は全部で8種類。ふわっと軽く口どけのよい鳳瑞と、カリッとした実との異なる食感のコンビネーションが食べていて楽しい一品に仕上がっています。心にも体にも優しい和菓子。ぜひ、大切な人とご一緒に。

銀座三越と一緒に開発。「カカオ+ピスタチオ」「ビーツ+ローズマリー」など、味は8種類。

吉村和菓子店
焼き鳳瑞(実り)木箱入り
1,458円_9個入
7階 催物会場

ココナッツオイル、ココナッツを贅沢に加えて、優しく甘い香りに焼きあげました。

吉村和菓子店
焼きココナッツ
袋入り 756円_9個入、木箱入り 1,026円_9個入
7階 催物会場

吉村由依子 PROFILE

京都生まれ。同志社女子大学 生活科学部 食物栄養科学科 卒業後、Le Cordon Bleuパリ校で料理ディプロムを取得し、研修後、帰国。〈亀屋良長〉八代目との結婚を機に商品企画開発に携わる。

モデルのAgathaさん & ろく君

親子一緒に食べてみました!

「ピンクに緑に黄色。わぁ、色がキレイ。体に優しい素材を使用しているというのは、女性としても母としてもうれしいポイントですね。ユズとカカオニブの組み合わせは香りも良くておしゃれな味!カカオニブとピスタチオはメレンゲの部分がしゅわっと溶けて、その上に歯応えがあるカカオニブがのっているので楽しい食感。だったんそばは、プチプチっとして少し懐かしい感じがします。どれも組み合わせが珍しいので、どれから食べようか迷ってしまいます。自分へのご褒美で食べるのも楽しみですが、色がキレイで体にも優しい素材を使っているので、手みやげにも喜ばれそう。彩りがきれいだと女性は嬉しくなりますよね。ぜひ、手みやげにも持って行きたいです」

Agatha(あがさ) PROFILE

モデル。ビューティ誌を中心に雑誌、CM、広告などに出演、また音楽番組でキャスターを務めるなど幅広く活動。一男一女を出産後も仕事との両立を日々楽しんでいる。

MENU