私たちのどんぐりに、
思いを込めて東北へ。

DONGRI BADGE CAMPAIGN

東日本復興支援
チャリティキャンペーン
31日(火)から

それぞれの地元の私たちの気持ちを、東北の明日と森の成長につなげていきたい。
今年は各店オリジナルの「どんぐりバッヂ」を。

各店オリジナルどんぐりバッヂ
300[税込/1個]
※寄付金143円含む

※バッヂはなくなり次第、終了とさせていただきます。
※木目・色合いは一点一点異なります。
※チャリティへのご参加は現金のみとさせていただきます。
※お取り寄せ、お取り置きはできませんのでご了承ください。
※ご来店のお客様のみとさせていただきます。
※詳しくは店頭リーフレットをご覧ください。

丸井今井札幌本店
きたきつね

札幌三越
メロン

丸井今井函館店
いか

仙台三越
伊達

新潟三越
笹団子

新潟伊勢丹
トキ

伊勢丹新宿店
伊勢丹新宿店

日本橋三越本店
日本橋

銀座三越
出世地蔵尊

伊勢丹立川店
パイロット

伊勢丹松戸店
ふくろう

伊勢丹浦和店
サッカー

伊勢丹相模原店
流れ星

伊勢丹府中店
けやき

千葉三越
落花生

恵比寿三越
えびす様

多摩センター三越
いちょう

静岡伊勢丹
富士山

名古屋栄三越・星ヶ丘三越
しゃちほこ

ジェイアール京都伊勢丹
公家

ルクア大阪内 イセタン各ショップ
たこ焼き

広島三越
もみじ

高松三越
うどん

松山三越
みかん

岩田屋本店
ラーメン

岩田屋久留米店
焼き鳥

福岡三越
もつ鍋

イセタンミラー他
なかよし

2016チャリティキャンペーンは下記の三越伊勢丹グループ各店で開催いたします。

日本橋三越本店・銀座三越・恵比寿三越・多摩センター三越・千葉三越・札幌三越・仙台三越・新潟三越・名古屋栄三越・星ヶ丘三越・広島三越・高松三越・松山三越・福岡三越・伊勢丹新宿店・伊勢丹立川店・伊勢丹松戸店・伊勢丹浦和店・伊勢丹相模原店・伊勢丹府中店・丸井今井札幌本店・丸井今井函館店・新潟伊勢丹・静岡伊勢丹・ジェイアール京都伊勢丹・岩田屋本店・岩田屋久留米店・ルクア大阪内 イセタン各ショップ
※千葉三越・丸井今井札幌本店は3月2日(水)から開催

[小型店舗]
アイ・プラザ東浦和・三越馬事公苑・三越東金・三越五井・三越臼井・三越成田・三越館山・三越茂原・三越旭・三越木更津・三越深谷・三越久喜・三越新所沢・三越春日部・三越高崎・三越桐生・三越伊勢崎・三越館林・三越小山・三越鹿島・三越古河・三越牛久・三越つくば・三越水戸・三越いわき・三越石巻・三越大河原・新潟伊勢丹新発田・新潟伊勢丹三条・新潟伊勢丹長岡・新潟伊勢丹佐渡・三越伊勢丹吉田ショップ・三越今治・コリドー・フジ

[エムアイプラザ]
アミューあつぎ・河辺・立川立飛・ユーカリが丘・木更津・川越・富士見・レイクタウン・羽生・ひたちなか・タピオ・登米佐沼・山形・古川・富士川・清水・藤枝・上越・横越・となみ・釧路昭和・旭川・各務原・常滑・筑紫野・福岡

[イセタンアウトレットストア]
佐野・酒々井・阿見・御殿場・木更津

[イセタン ミラー]
ルミネ新宿店・ルミネ大宮店・ルミネ北千住店・ルミネ横浜店・ セレオ八王子・吉祥寺パルコ・ららぽーとTOKYO BAY店・錦糸町テルミナ2店・ アトレ大井町店・湘南T-SITE店・東急プラザ表参道原宿店・ラスカ茅ヶ崎店

[イセタン羽田ストア]
(メンズ)(レディス)ターミナル1・(メンズ)ターミナル2

[イセタンサローネ]
(東京ミッドタウン/ガレリア1F・2F)

[イセタンサローネ メンズ]
(丸の内)

[イセタンハウス]
※3月9日(水)大名古屋ビルヂングにOPEN

2015年3月東日本復興支援
チャリティキャンペーン
のご報告

■会期:2015年3月1日(日)~24日(火)
■実施店舗:三越伊勢丹グループ 全国85店舗(小型店含む)
■どんぐりバッヂ販売数:全国計52,869個
■寄付額:全国計8,088,957円

皆さまのあたたかいご協力
誠にありがとう
ございました。

寄付金は全額「森の長城プロジェクト」を通じて、 東日本大震災被災地沿岸部での「災害からいのちを守る森」づくりに役立てられています。

南三陸町の杉の木を使って、南三陸町の人の手で作られるバッヂを。

三越伊勢丹グループでは、復興へと向かうシンボルマークとして「どんぐり」をデザインしたバッヂを、チャリティ販売いたします。この「どんぐりバッヂ」は、海と森に恵まれた宮城県南三陸町で作られています。林業の町でもあり、古来から良質の杉が育てられている南三陸町の大雄寺(だいおうじ)にあった杉並木。東日本大震災の津波により塩害などの被害にあったこちらの杉の木を使用し、すべて地元の人々の手によって加工されています。各モチーフの表情をチェックしながらピンを取り付ける工程や最終の検品まで、ひとつひとつ丁寧に手づくりされ、そこには南三陸町の皆さんの思いが込められているのです。バッヂの利益金は全額「森の長城プロジェクト」に寄付させていただき、災害からいのちを守る森づくりに役立てられます。

南三陸町で津波の塩害などの被害にあった杉

南三陸町での“どんぐりバッヂ”製作の様子

「森の長城プロジェクト」は、東北に、災害からいのちを守る森を作ります。

東北の森から、シイ・タブ・カシなどのどんぐりを拾い、約30cmの苗に育て、瓦礫と土を混ぜて築いた小高いマウンドに植えます。瓦礫には、いのちの記憶が宿っています。東日本大震災被災地沿岸部に10年かけて立派な森を作っていく計画です。1年で1m成長する木々は、約15年で高さ約15m、根の深さも4m~6mの緑の壁となり、次にくる災害からいのちを守る森となります。この森には、津波のエネルギーを低減させたり、引き波でさらわれるものを食い止めたりする他にも、瓦礫を利用できること、一度作ればメンテナンスが不要になること、海や河川を豊かにすること、地球温暖化の防止に貢献できること、そして風雨や火災にも強い防災林であることなどの利点があります。

森の長城プロジェクトの活動には年間を通して次のような流れがあります。種子となるどんぐりを拾うこと(採種)、拾ったどんぐりから発芽させて苗木にするまで育てること(育苗)、育った苗木を植えること(植樹)、植えた苗木が森として育つまで草抜きなどの手入れをすること(育樹)。このサイクルを繰り返しながら、「災害からいのちを守る森」を一ヶ所でも多く増やせるよう活動しています。

三越伊勢丹グループの「エバーグリーン」が、地域と全国をつなげ、東北での活動に参加します。

三越伊勢丹グループでは、全国約65,000人のスタイリスト(販売員)の中から、お客さま、働く仲間、会社にとってなくてはならない存在として最も優秀な人材を「エバーグリーン」として認定、表彰しています。エバーグリーンのメンバーは三越伊勢丹グループの象徴的な存在として、お客さまに感動のサービスをご提供しつづけるとともに、企業の代表として社会貢献活動に参画します。この活動の一環として、全国のエバーグリーンのメンバーが毎年、宮城県内にて「森の長城プロジェクト」のボランティアの皆さまと一緒に、苗となるどんぐり拾いや植樹祭などに参加しています。

エバーグリーンのメンバーによる、仙台市内でのどんぐり拾い。

植樹された木々は、東北の沿岸部の各地で育ちはじめています。